ダメダメ女mimiの戯れ言
ダメ母親のくだらない日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父が亡くなりました
6月5日の日曜日、午前10時頃に父が亡くなりました。
以前に脳梗塞で倒れた時は復帰したのですが、
昨年10月より再び入院し、今回のような形となりました。
6月6日に通夜、6月7日に告別式ということで
滞りなく葬儀を済ませることができました。
父は風来坊的な人で、現実主義者の母とは対局にいた人でした。
だから娘の私はいつも父と母の間で大変でした。

父は割と自由に生きてきて、お酒も好きで、
人と話すのが好きで、年齢の割にちょっとミーハーでした。
どんな人からも、老若男女関係なく「お父さん」と
呼ばれて慕われていました。

今の歳になってみれば母の気持ちもわかるのですが、
それでも私は父のことが大好きで、
思い返すのは父との楽しい思い出ばかりです。

幼き頃、身体の弱かった私は
よく入院していましたが、父は毎日のように
お見舞いに来てくれたものでした。

なのに今の私は仕事が忙しくて、
そして娘の育児で手いっぱいになってしまって
なかなかお見舞いに行くことができず、
本当に本当に申し訳なかったと思っています。

きっと父は私らしいと苦笑しているんじゃないかと思いますが、
それでも棺の中に入れてもらう手紙を
書かずにはいられませんでした。

父は幸せだったんでしょうか。
もっと何かしてあげられることが
あったんじゃないでしょうか。
何もしてあげられなくてごめんなさい。
親不孝な娘でごめんなさい。

人前で泣くまいと思いましたが、
火葬場での最後のお別れの時には
思わずこみあげてきて堪えることができませんでした。
人ってこんなに小さくなってしまうものなんですね。

本当はもっと実家、母のところにいたかったのですが、
母も葬儀の傍ら仕事(実家が保育所なので)をしていましたし、
私も仕事がかなりたまっていたので
告別式を終えた日に帰ってきました。

翌日は身体も重くて、
なかなか仕事する気になれませんでしたが
さすがにそういうわけにもいかず、
メールの確認や作業状況の確認を行いました。

私よりも母の方が疲れているんじゃないかと思います。
父は高齢でしたが母はまだかなり若いので、
年齢的にどうこうというのはないと思いますが、
それでも母は勝ち気な人なので
疲労などでいきなり倒れたりしないか心配です。
近々また実家に顔を出して来ようかと思います。

お父さんがまだご健在の方、
どうぞ大事にしてあげて下さいね。
ちょっとした一言をかわすだけでも、
顔を見るだけでも構わないと思います。

亡くなってからではもう何もすることが
できないのですから。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
遅くなりましたが、お悔やみ申し上げます。
そろそろ四十九日も終わって………
でも人が亡くなるといろいろ忙しいんですよね。
悲しみに沈む間もなく雑務に追われるのは、
いつまでも悲しんでいては
いけないということなのでしょうけど……。
あまり余分な事は書きますまい。
お疲れ様でした。
2005/08/05(金) 14:37:32 | URL | by森田彩莉 (#CIjvdSE6) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。