ダメダメ女mimiの戯れ言
ダメ母親のくだらない日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
娘のあれこれ
こちらのブログもちょろりと更新☆

現在、娘は中学2年生なわけですが、
1年生の終わり頃、今年に入ったくらいから登校拒否になっていました。

毎日、寝る時間を削って朝と夜に話をしてきて、
途中で一度、クラスに連れて行かないという約束をもとに学校に行ったわけですが、
先生が無理やり教室に連れていっちゃったみたいで
より心を閉じてしまいまして。……先生ってば……^^;

その後も毎日お話を聞いたところ、
どうやら娘は「誰かが誰かの悪口を言う」「心ない行動をする」という相手に対して、
必要以上にストレスを感じるようです。
端的に言うとメンタルが弱めで、かなり打たれ弱いというところですね。

当然ながら、そんなことでは社会に出てやってはいけないので、
日々彼女の話に耳をかたむけつつ、いろいろとやりとりするのですが、
1ヶ月も休むと、さすがに学校としても問題となります。

学校を休むのであれば、家で勉強はするようにとは言ってきたものの
メンタル面のことであれば専門家に話を聞いた方がいいのかなと
娘に聞いたうえで、一緒に心療内科にも行ってみました。
(1、2回行ったきりなのですが)

結論を簡単に言いますと、行きたくないならひとまず1年生の間は
お休みしてもいいんじゃないの(あと少しだし)、ということです。

私も、無理やり学校に行かせようとして、
どんどん心を閉じて頑なになっていく娘を見て、
どうしても行きたくないのなら行かなくても……という気持ちでしたので、
専門医の言葉は、学校の先生に説明するうえでも助かるものでした。

もっとも、嫌なことから逃げるという行動は賛成できるものではなく、
また学校に行かないのなら代償も必要だという話はしました。
代わり何をするかは自分で決めてかまわないけれど、
それを行わないのであれば学校に行きなさい、という話をして。

そんなわけで1ヶ月ほどお休みし、2年生になってから行き始めたのですが……
あれだけ心配していたのはなんだったの? というくらい
今は毎日頑張って学校に行っています。

日々の会話はできるだけ欠かさないようにしているのですが、
今でも「学校には行きたくないけど、でも今は頑張る」という
ニュアンスの話をときどきしています。
心配ですが、今はあまり余計なことを言わず、
話に耳をかたけるのを中心にそっと見守りたいと思います。

娘は相手への説明が下手で、話そうとしても途中で諦めてしまうところがあります。
私の母が、あまり人の話を聞いてくれない完璧主義者タイプなのですが、
娘は小学生の数年間、その母のもとで生活しており、
多分にその影響もあるのかなと思っています。

もちろん母のことを責めるわけではなく、娘にも感謝すべきことだと
繰り返し話しているのですが、割と母が私を責める言い方をするようで、
(なにぶん私が仕事人間なので、母の言い分ももっともなのですが)
娘はそれもつらく感じてしまうようです^^;

「誰かを悪く言えば、それが自分に返ってくる」
それに「誰かをねたんだり、悪く言う無駄な時間があるなら、
もっと自分を高める努力をした方がいい」というのが
私の信条なのですが、娘の友人の間での関係性もありますし、
バッサリ切り捨てるのは、なかなか難しいようです。

娘は昔の私に似て、外面が良いようなので(笑)、
よりストレスを感じてしまうようです。
小学生のときに、あまりに自分の意見を言い過ぎて
少しイジメられた時期があったようで
(そのときも、いろいろと話をして解決しました)
それ故、あまり自分を出さないようにしているようにも思えます。

私はそんな娘の話をよく聞いて、
多少のアドバイスや応援くらいしかできませんが、
ちょうど今やっているドラマ『35歳の高校生』のように、
私のやり方を押しつけても意味がなく、
今の時代に合うやり方、そして娘の状況に合うやり方、を
娘自身が考えて行動しないといけないのだろうなと感じます。

もちろん娘ばかりでなく、仕事人間である自分のことを
責めた瞬間もありました。
娘自身もときどき「お母さんは仕事ばっかり」と言います。
事実そうなので何も言えないんですけども、
それでもやっぱり、娘がつらいときは
少しでも彼女の心に寄りそうことができればいいなと。

……と言っても、普段は娘も、友人や自分のことばかりで
私の方が放置されているんですけどね(笑)。

でも、こういったことは、娘に限らず、
スタッフや友人なども同じだと思っています。
私ができることは限られているけれど、
お互いが一緒にいられて良かったと思える存在でありたいですよね。
綺麗事だと言う人もいるかもしれませんが、
ひとまず私は勝手にそう思って、娘と接しています^^

ちなみにコチラはTwitterでも触れましたがが、
娘が2年生になって所属した美術部で制作したもの。


アイロンビーズと言うそうです。
私は今回、初めて見ましたがTwitterやFacebookでの反応を見る限り、
割とメジャーなもののようです^^;

ちなみにコースターかと思って聞いたら、そうではないようで、
翌日、改めてコースターを作ってきてくれました。


別にコースターがほしかったわけじゃなかったんですが……(笑)、
でも、私がほしいと思って作ってきてくれたのならうれしいなと♪

ほかに娘関連でお伝えできることは、6月1日に運動会があるようです。
まだ行けるかどうかわかりませんが、ぜひ顔出ししたいなと。
せめて娘の競技くらいは覗いてきたいところです。

あと、娘は実家で三味線を習っているのですが(ほかにピアノと塾があるらしい)、
6月に京都の南座で演奏するそうです。

さすがに京都なので私が見に行くことは難しそうですが、
一緒に習っている母も同行するので、そこはおまかせしようかなと。

そんなこんなで、今のところ娘の絡みは割と平和です♪
スポンサーサイト
* 2013/05/09 # [ 母娘関連 ]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。