ダメダメ女mimiの戯れ言
ダメ母親のくだらない日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生理痛と更年期障害・・・そして死
多少、ネタ的に女性限定の話になってしまうかもしれませんが……。

会社でよく女の子から「私、生理になりました」と報告を受けます。
これは「私、体調があんまり良くないんです」という
ニュアンスも含んでいるのだと思いますが、
私としては誰のあとに自分が生理なのだというのがわかるという意味で、
結構、助かったりもします。

私は生理を「先月は月末だったなあ」くらいにしか覚えていないダメ人間なので、
忙しくなると優先順位が低くなるのか、いつ自分が生理になったのかすら曖昧になります。

ときどき携帯や手帳につけたりもするのですが、
自分にとってそこまで重要じゃないのか、つけ忘れてしまうことも多いです。

思い出さなきゃいけないときは、割と仕事から割り出すことが多かったりして。
たとえば、「あの仕事をしていたときお腹が痛かった……
確か2日目だった気がする」みたいな感じです。女性としてかなりダメな感じですね(笑)。

はたまたつき合っている男性がいるタイミングなら、その人に聞いたりします。
きっと私とおつき合いした人は私以上に詳しかったことでしょう(笑)。
結婚して相手と一緒に暮らしていたときは基礎体温をつけたりもしましたが、
それもかなり苦痛で2ヶ月つけるのがいいとこ。
……こういう毎日規則正しくというのは、根本的に向いていないみたいです(^^;

だから、ある女の子のあとが自分の番だとした場合、
その子に報告を受けたら「そろそろ自分の番だな」と思えて
ちょっと助かるわけですね。でも、結局はずれていってしまうので、
途中でわからなくなっちゃうんですけど^^;

もちろん上司として女性たちの体調に対しての気遣いもできるので、
報告がないよりはあった方がいいかなと思うところもあります。
たとえば、体調が悪そうなら「今日は早く帰っていいよ」とか
「明日つらければ休んでも大丈夫だよ」とか。

言われなくても普通に気づくのが一番ですし、
よほど体調が悪そうにしていれば、さすがに気づくとは思うのですが、
そういう意味では私は少々鈍感な方なので、言ってもらった方が気遣えて助かります。

生理になって困るのは、ダントツで生理痛だと思うのですが、
これは出産前と比べると少しだけ軽くなった気がします。
ひどいのは数ヶ月に1度くらい。
ただ、出産前は頭が痛くなることはあまりなかったのですが、
たびたび頭痛がするようになりました。

また、仕事が忙しいときなら、「眠くなる」というのが困りますね。
出血がひどくなるから、眠気覚ましの薬を飲むことも避けた方がいいでしょうし、
何より頭が思うように動かないことが多い。

そんな生理痛もだいたいは1~2日目で解決はしますが、
それでもタイミングによってこの1日2日が大切なときもあって、
「なぜ、このタイミングで生理になるんだよ」と自分を責めたくなるときもあります。
・・・まあ、そんなこと言ったってしょうがないんですけどね(笑)。

でも、このときばかりは男性がうらやましいなあと思わないでもないですね。
それでも『出産』できるのは女性であり、生理があってのことなので、
そこは娘を得たことによって相殺されたのかなあと納得しているのですが。

ところで、最近、妙に気になっているのは、年齢的にも「更年期障害」です。
中でも「ホットフラッシュ」というもの。
突然、顔ののぼせやほてりがくるというもので、吐き気などを伴うこともあるようです。
治療は血栓症や乳ガンなどのリスクが伴うこともあるらしく、これもまた気になります。

こういった症状は閉経後に起こるものだと油断していたのですが、
最近見たドラマで閉経前の女性がホットフラッシュの話をしていたので、
もしや私にも起こるのかなあと心配になってみたり。小心者でしょうか?^^;

もともと貧血とか起こしやすいので、そういうったたぐいのものなのか、
はたまた全然違うものなのか・・・想像の域を出ないのでよけい心配になってみたりしています。

気分も見た目も実年齢より若いといっても、実際の体はもう40代間近。
閉経はだいたい45~55歳で訪れるらしく、かなり身近に迫ってきました。

生理痛に苦しんでいるときは「生理なんてなければいいのに」と思ったりもしますが、
そろそろ年齢的にも「生理があがってしまうんじゃないだろうか。
そして更年期障害に悩むのだろうか」という不安の方が大きく、
それは少しずつ現実のものになろうとしています。

仕事をしていたり、若い人たちと接することで、
つい自分の年齢を忘れそうになってしまうこともありますが、
鏡を見たり徹夜をしたりすると、やはり衰えを感じないわけにはいきません。

娘がどんどん大きくなっていくのと比例して、自分が老い、死ぬことに近づいていっている。

生理があがることや更年期障害だけでなく、そのうち「死」が近づき、
そういう面でも不安を感じるのかもしれませんね。

もっとも今のところは「死ぬ」ことそのものは、それほど怖くありません。
今だから、なのかもしれませんけど。

ただ、娘や会社のことが気にかかるかなと思います。
そういう意味では会社が安定して、娘がお嫁に行ってくれたあとなら、
心おきなく成仏できるんだろうなあ^^;
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。